2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Fate/日和



ぴゅあ「これが841・・・いや、801」

ζ*'ヮ')ζ<ぷろでゅーさーさん ちがいますよー!

真山「・・・・・・・・・・ノーコメントでっ」
スポンサーサイト
[ 2013/05/04 02:59 ] FATE | TB(0) | CM(0)

カデンツァの嵐 PCにも舞う

MELTY BLOOD Act Cadenza Version B 初回限定版 MELTY BLOOD Act Cadenza Version B 初回限定版
Windows (2007/07/27)
エコールソフトウェア
この商品の詳細を見る


どうにもこうにもMELTY BLOOD(通称メルブラ)の新作でございます。
アーケードで稼動していたアクトカデンツァ 逆移植に近い形でしょうか。
ともかくやっとPCでも軋間がつかえるっっっ!!! 鬼神ここにあり

ちなみにあっしのシエルコンボ数練習モードではありますが最高103HITであります ふふふ…
ド、ドリルなど邪道だ!
メカ翡翠…!!! 空とぶマジックガンナー!!
もちろん今回もカレーです!
というわけで、ねえさん事件です!

わからない人にはわからないでしょうが…
FATEとは従姉妹みたいなものの格闘ゲーバージョヌといったところですぞ(補足になってない
[ 2007/05/24 02:29 ] FATE | TB(0) | CM(2)

ふぇいとぜろ通販開始につき

ぴゅあ「昨日の17時からニトロプラスのほうで通販開始になりました。
タイプムーンではないんですねえ。
fate/stay night 外伝ということなんですが、どうなんでしょう? そこのところを関係者に訊いてみました」

Sさん「第四次聖杯戦争のことですね──そのときはまだ、私は未熟にも彼のことを誤解していたのかもしれない。マスターとしては一流でも欠落した部分はその…ご子息と一緒のように思います」

Gさん「ふん…雑種の分際で我様(おれさま)を巻き込むなどもってのほかだったのだが、しかし聖杯とやらを誤認してるものどもばかりで…まあ、あれの本質に気がついたのが転機だったのはまちがいない。この世に未練などありはしない、が──永らえる理由はあったのかもな…オレも、ヤツにもな」

まーま「ピーーーー。おまいらーーーストーーップだバカ。そしてレッドカード一発退場」

Gさん「!」
Sさん「!・・・・・(コクリ)」

ぴゅあ「おーっとここで2選手主審に猛抗議だぁぁ、いけいけやれやれ、魂の激突はさけらませーーん」

まーま「あ、あおるなばか者、放送席だって無事ですむわけないだろーーーーっって」

S「約束された…

G「天地乖離す…

勝利の剣 開闢の星


VOGOOOOOOOOOOOON!!


Rさん「あ、星になった……。──私のお父様もそうとうずるっこいことしてたのよねえ…なんかやだな」

Saさん「というよりその性格。父親譲りなのです…ぼそっ」

虎「きたー実は私ルートともいえるコレを買わずにどうする諸君!」

Siさん「ないない…むしろ恥ずかしい時代を暴露されるだけのような」

虎「なんで私だけ伏字が漢字ナノヨー

ぴゅあ「善意によるものです(にこにこ)」
[ 2006/12/26 09:20 ] FATE | TB(0) | CM(0)

続編にして最高傑作

Fate/hollow ataraxia 通常版(DVD-ROM) Fate/hollow ataraxia 通常版(DVD-ROM)
Windows (2005/12/29)
TYPE MOON
この商品の詳細を見る

終結したはずの冬木の聖杯戦争
だが、セイバーたちは何かを感じているようだ。
夜の人影、第8のマスターの存在、繰り返す4日間、再開する聖杯戦争
──そんなこと…あるはずがない

Fate/stay night 続編にしてファンディスク
本編をやってからでないとワケワカメ!
そしてぼくのワカメも大活躍?! 一家に一本!
[ 2006/10/04 02:58 ] FATE | TB(0) | CM(0)

にゅるん、なにげにルーツ紹介

Fate/Stay night DVD版 Fate/Stay night DVD版
Windows (2006/03/29)
TYPE MOON
この商品の詳細を見る

またあの夢をみてる、疲れたときなど時折こうして脳裏に甦る…
しょうがないから、またしばらく付き合ってやることにした。

それは、ひどい火災だった。
自分の家だったものとか、両親だった人の声とか
とにかくまわりにみえるもの全てが、赤く染まってしまった世界。
喉がどうしょうもなく渇いて、水を求めてあてもなく歩いた。
気がつけば、そこらじゅうに水が飲めなくて真っ黒になってちぢんでしまった人たちが在って、気がつけば自分も動けなくなってうずくまってしまっていた。
あおむけになって見た空はまだ夜にもなってないはずなのに暗く、
かすむ目でみたせいか、太陽までも真っ黒にこげてしまったかのようだ。
──まわりのみんなのように黒こげになってしまったのだろうか。
そんなことしか思いつかなかった。
[ 2006/10/04 02:26 ] FATE | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。